HOME   | 施設一覧   | 施設の事業者様へ   | 会社概要   | サイトポリシー   | サイトマップ   | 総合お問合わせ  
当社のアドバイザー(介護支援専門員・介護福祉士等)がお客様の立場に立ってご相談をお受けいたします、気軽にご連絡下さい。
  • HOME
  • 施設検索
  • 初めての施設
  • 入居までの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社概要
  • 総合お問い合わせ
  • 認知症が「見える」講座! 認知症のホントを知って、介護に活かそう。
    こちらのページではNPO法人認知症ラボ理事長 尾崎純郎氏より、当サイト向けに寄稿していただいたHOTな情報をシリーズでお届けいたします。介護の現場で有効にご活用ください。

    Vol.50 つまずきのサポート
    Vol.49 病院に行きたがらない!?
    Vol.48 グループホームの選び方
    Vol.47 お泊まりデイ
    Vol.46 認知症は「脳の糖尿病」?
    Vol.45 矜持
    Vol.44 デイ+ショート+ホームヘルプ
    Vol.43 認知症の人? 認知症がある人?
    Vol.42 せん妄とは?
    Vol.41 成年後見制度
    Vol.40 認知症初期集中支援チーム
    Vol.39 共依存(きょういぞん)
    Vol.38 介護保険3施設
    Vol.37 幻覚、妄想、せん妄……
    Vol.36 あいまいな喪失
    Vol.35 認知症になると人格を失うか?
    Vol.34 いい医師vsそうではない医師
    Vol.33 精神科、神経内科、脳神経外科……
    Vol.32 予防できる認知症
    Vol.31 主(あるじ)は誰?
    Vol.30 もう「徘徊」と言うのはやめよう
    Vol.29 行方不明問題の行方
    Vol.28 誰が誰を介護する?
    Vol.27 介護のシゴトは「感情労働」
    Vol.26 ナラティブという世界
    Vol.25 桜、猫、電車……
    Vol.24 治る認知症 
    Vol.23 レビー小体型認知症の人の不便さを考える
    Vol.22 あなたはニセモノ!?
    Vol.21「認知症カフェ」ブーム!?
    Vol.20 同時に2つのことは難しい
    Vol.19 認知症の薬
    Vol.18 状況にそぐわない言動
    Vol.17 認知症の画像検査 
    Vol.16 増えるネグレクト
    Vol.15 病気の自覚
    Vol.14 場所よりも人 
    Vol.13 水面に出て息を吸い込む
    Vol.12 グループホームの今と未来
    Vol.11 若年期認知症という現実
    認知症は、その発症に加齢が密接に関与している病気です。統計によれば、認知症の人の割合は、70~74歳ではわずか4.1%ですが、80~84歳になると21.8%に、そして90~94歳では61.0%を占めるようになります。

    しかし、認知症は若くして発症することもあります。一般に、65歳未満のそれを「若年期認知症」とよびます(この「若年期認知症」という言葉は、正しくいうと病名ではなく、行政用語です)。なお、アルツハイマー型認知症を発症した最年少の報告は18歳といわれています。レビー小体型認知症においては12歳との記録があります。

    現在、国内における若年期認知症の人の数は3万8,000人にのぼります(実際には10万人を超えると推計する識者もいます)。原因は、高齢者の認知症とほぼ同様ですが、脳血管障害や頭部外傷によるものが少なくありません。

    若年期認知症は、高齢者のそれと異なり、特有の問題を生じます。たとえば、経済的問題です。生計を支えていた一家の主が退職を余儀なくされたりすれば、その後の人生設計を大きく変更せざるをえません。自己破産する例もあります。

    また、思春期の子どもがいる場合、彼らが被る精神的影響は小さくありません。それが原因で親子関係・夫婦関係に亀裂が生じたりすることもあります。やはり、バリバリ仕事をしていた、あるいは父親として威厳のあった父親のイメージが崩壊していく様を、子どもが受け入れていくのには、相当な葛藤があることは想像できます。

    さらに、世間に若年期認知症に対する理解が乏しいため、当事者・家族が誤解や偏見にさらされるということも大きな問題です。しかし、何よりも一番の問題とされるのが、若年者向けの介護サービスや居場所が極端に少ないことです。全国各地には若年期認知症の当事者団体・家族会が増えてきているようですが、まだまだ足りません。

    このように、若年期認知症は、高齢者の認知症とは次元の異なる大きな問題をはらんでいます。これからもっともっと多くの人の応援が必要です。
    2013/10/21 尾崎純郎 Ozaki Junro[NPO法人認知症ラボ理事長]
    Vol.10 徘徊は症状?
    Vol.9 真夜中の騒動
    Vol.8 「痴呆」から「認知症」へ
    Vol.7 「買ってはいけないものリスト」
    Vol.6 見えないものが見える!?
    Vol.5 あれから30年……
    Vol.4 三大認知症とは?
    Vol.3 認知症は疾患じゃない
    Vol.2 認知症にならない方法
    Vol.1 もの忘れ vs 記憶障害
    認知症スタジアム
    認知症について実に詳しく解説されています。
    介護の最新情報 ケアマネ必見
    シニアライフサポートが集めた介護保険や医療関連の最新情報が掲載されております
    オフィスハスカップ
    介護保険制度の詳しい情報がたくさん掲載されています
    最新 お客様の声
    母は今笑顔の多い生き...
    今年になって、母のホームを探し自分で10ヶ所以上の有料老人ホームを見学しましたが、決定する判断がつかず決めかねていまし...
    K様(56才)
    お客様の声をチェック
    重要なお知らせ
    老人ホームや高齢者住宅等のポータルサイト「シニアライフサポート」。
    全国から施設情報をお選 びいただけるほか、自宅と変わらない生活ができる高齢者向け賃貸住宅のご紹介や、優雅な暮らしを堪能できる老人ホーム特集など、幅広いラインナップから有料老人ホームをお選びいただけます。
    お役立ちガイド

    [HOME]   [施設一覧]   [初めての施設]   [入居までの流れ]   [利用者の声]   [よくある質問]   [・入居前に確認していただきたいこと]   [総合お問合わせ]   [FAXによるお問合わせ]   [施設見学の予約をする]  
    [施設の事業者様へ]   [会社概要]   [サイトポリシー]   [サイトマップ]   [相互リンク]   [個人情報保護方針]   [総合お問合わせ]  

    老人ホームの検索とご紹介 シニアライフサポート
    〒195-0054 東京都町田市三輪町539-136
    TEL・FAX: 044-988-6773
    Copyrightc 2013-2016 Senior Life Support Co., Ltd. All Rights Reserved.
    Powered by POOSNET