HOME   | 施設一覧   | 施設の事業者様へ   | 会社概要   | サイトポリシー   | サイトマップ   | 総合お問合わせ  
当社のアドバイザー(介護支援専門員・介護福祉士等)がお客様の立場に立ってご相談をお受けいたします、気軽にご連絡下さい。
  • HOME
  • 施設検索
  • 初めての施設
  • 入居までの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社概要
  • 総合お問い合わせ
  • 認知症が「見える」講座! 認知症のホントを知って、介護に活かそう。
    こちらのページではNPO法人認知症ラボ理事長 尾崎純郎氏より、当サイト向けに寄稿していただいたHOTな情報をシリーズでお届けいたします。介護の現場で有効にご活用ください。

    Vol.50 つまずきのサポート
    Vol.49 病院に行きたがらない!?
    Vol.48 グループホームの選び方
    Vol.47 お泊まりデイ
    Vol.46 認知症は「脳の糖尿病」?
    Vol.45 矜持
    Vol.44 デイ+ショート+ホームヘルプ
    Vol.43 認知症の人? 認知症がある人?
    Vol.42 せん妄とは?
    Vol.41 成年後見制度
    Vol.40 認知症初期集中支援チーム
    Vol.39 共依存(きょういぞん)
    Vol.38 介護保険3施設
    Vol.37 幻覚、妄想、せん妄……
    Vol.36 あいまいな喪失
    Vol.35 認知症になると人格を失うか?
    Vol.34 いい医師vsそうではない医師
    Vol.33 精神科、神経内科、脳神経外科……
    Vol.32 予防できる認知症
    Vol.31 主(あるじ)は誰?
    Vol.30 もう「徘徊」と言うのはやめよう
    Vol.29 行方不明問題の行方
    Vol.28 誰が誰を介護する?
    Vol.27 介護のシゴトは「感情労働」
    Vol.26 ナラティブという世界
    Vol.25 桜、猫、電車……
    Vol.24 治る認知症 
    Vol.23 レビー小体型認知症の人の不便さを考える
    Vol.22 あなたはニセモノ!?
    Vol.21「認知症カフェ」ブーム!?
    Vol.20 同時に2つのことは難しい
    Vol.19 認知症の薬
    Vol.18 状況にそぐわない言動
    Vol.17 認知症の画像検査 
    Vol.16 増えるネグレクト
    Vol.15 病気の自覚
    Vol.14 場所よりも人 
    Vol.13 水面に出て息を吸い込む
    Vol.12 グループホームの今と未来
    Vol.11 若年期認知症という現実
    Vol.10 徘徊は症状?
    Vol.9 真夜中の騒動
    Vol.8 「痴呆」から「認知症」へ
    Vol.7 「買ってはいけないものリスト」
    Vol.6 見えないものが見える!?
    Vol.5 あれから30年……
    現在、特別養護老人ホーム(以下、特養)などの施設に入居している高齢者のうち、おおよそ8割は認知症の人だといわれています。今回は、この特養がたどってきた軌跡についてお話ししてみたいと思います。

    老人ホームは、かつて「養老院」とよばれていました。年配の方のなかに、今でもそう呼ぶ人がいるのはそのためです。養老院が制度化されたのは1929(昭和4)年。現在のように、要介護者が入所するというよりも、身寄りのない貧しい人たちがそこにお世話になっていました。まだ「痴呆」の人などはいません。そこは、畳の敷かれた和室で、5〜10人の共同生活。夜になると、それぞれが布団を敷いて寝ていたようです。

    1963(昭和38)年、老人福祉法という法律が制定されます。養老院は「老人ホーム」と名を変え、「養護老人ホーム」「特別養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の3種に分類されます。

    特養は、今のように希望者が入れるわけではなく、行政が「措置」という名の下、入所者を選んでいました。「65歳以上の者であって、身体上又は精神上著しい欠陥があるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受けることが困難な者」というのが、入所者の要件でした。

    社会的には、1960年代から徐々に痴呆の人が増えていきます。1972年には、有吉佐和子が小説『恍惚の人』を発表し、痴呆の問題に大きく光を当てたのでした。

    特養が制度化されたにもかかわらず、痴呆の人は長らく入所対象ではありませんでした。国が、「呆け老人は精神障害だから断ってもよし」という通達を出していたからです。入所者は寝たきりの人などで占められていましたが、痴呆の人はどんどん増えていきます。

    そんななか、1981(昭和56)年、日本初の痴呆老人専門の特養が三重県四日市市にできます。この痴呆の人だけを集めてお世話をする施設は、特別な特養という意味から「特特老」とよばれ、脚光を浴びたのでした。

    掲載の写真(田邊順一氏提供)は、その特特老にあった“静養室”とよばれる部屋の様子です。まっ白な壁と天井、リノリウムの床、一組の布団、ぽっかり空いた便所の穴……。痴呆の入所者に、夜間せん妄や暴力、徘徊、奇声などがみられたときに使われたとされます。

    この写真を見て、私たちが感じとることは何でしょうか? そう、「刑務所の独房にしか見えない……」ということです。30年前、痴呆の人たちがおかれた状況はこうだったのです。ただ、当時のこの状況は、「在宅でお世話することのできない、手のかかる痴呆の人に専門的な介護を提供する」という目的の下、“よかれ”と思ってつくられたものでした。

    あれから30年。認知症の人をとりまく環境は大きく変わりました。施設もかなり進化しました。でも、まだ十分ではありません。認知症の人が「安心して」「自分らしく」「なじみの人・環境に囲まれながら」暮らせる場が、日本中にあまねくつくられるよう、歩みを止めてはいけないと思います。
    2013/08/25 尾崎純郎 Ozaki Junro[NPO法人認知症ラボ理事長]
    Vol.4 三大認知症とは?
    Vol.3 認知症は疾患じゃない
    Vol.2 認知症にならない方法
    Vol.1 もの忘れ vs 記憶障害
    認知症スタジアム
    認知症について実に詳しく解説されています。
    介護の最新情報 ケアマネ必見
    シニアライフサポートが集めた介護保険や医療関連の最新情報が掲載されております
    オフィスハスカップ
    介護保険制度の詳しい情報がたくさん掲載されています
    最新 お客様の声
    母は今笑顔の多い生き...
    今年になって、母のホームを探し自分で10ヶ所以上の有料老人ホームを見学しましたが、決定する判断がつかず決めかねていまし...
    K様(56才)
    お客様の声をチェック
    重要なお知らせ
    老人ホームや高齢者住宅等のポータルサイト「シニアライフサポート」。
    全国から施設情報をお選 びいただけるほか、自宅と変わらない生活ができる高齢者向け賃貸住宅のご紹介や、優雅な暮らしを堪能できる老人ホーム特集など、幅広いラインナップから有料老人ホームをお選びいただけます。
    お役立ちガイド

    [HOME]   [施設一覧]   [初めての施設]   [入居までの流れ]   [利用者の声]   [よくある質問]   [・入居前に確認していただきたいこと]   [総合お問合わせ]   [FAXによるお問合わせ]   [施設見学の予約をする]  
    [施設の事業者様へ]   [会社概要]   [サイトポリシー]   [サイトマップ]   [相互リンク]   [個人情報保護方針]   [総合お問合わせ]  

    老人ホームの検索とご紹介 シニアライフサポート
    〒195-0054 東京都町田市三輪町539-136
    TEL・FAX: 044-988-6773
    Copyrightc 2013-2016 Senior Life Support Co., Ltd. All Rights Reserved.
    Powered by POOSNET